Journey World

留学を通じて世界を変える

友達のきっかけは自己主張から

カナダに飛んで、学校にも少し慣れてきた頃、留学生の友達はできてたのですが一向に現地の友達が出来ませんでした😕
授業が一緒の人とはクラス内で少しのコミュニケーションを取る程度で、外で会ったりランチを一緒に食べたりなんて仲には到底なれませんでした。
しかしある時、転機が訪れたのです。
時は冬に近づいてきた頃、学校のHall Way(廊下)にあるチラシが貼り出されていました。
それが、バスケットボール部員の募集要項🏀
 
4C91B6E1-099E-4D73-BFE1-0EB5030C1BB8.jpg
 
海外では人気のある部活はTrialといって日本でいう入部試験があります。
自分のいた学校はたまたま国内でもバスケ部が有名だった為、Trialには約60人ほど受けにきていました。
その中から受かるのは全体で13名。
元々居る上級生の先輩達などもその中に入っている為、実質新規で入れる枠は多くて5名ほどです。
しかし、自分はたまたま日本でずっとバスケをやっていてそれなりに良い線まで大会でも行っていたので、これはチャンスなのではないかと思い、思い切ってTrialに申し込みました!
Trial当日、体育館には沢山のガタイの良いお兄さん達がわんさか😅
自分はTrialメンバーの中ではダントツに小さかったです。。アジア人で小さい小柄な奴がバスケのTrialに参加しているという噂が広まり、何人かが覗きに集まってきてたのを覚えてます😱まぁ、恥ずかしかったですけどね...
そのTrialで自分の得意だったバスケを発揮でき、なんと、13人のレギュラーメンバーに合格出来たのです!
自分の名前が読み上げられた時、会場内のどよめきと沢山の現地人達が自分の元に駆け寄ってくれたのです✨
これが最初のきっかけでした。
自己主張を是が非でもして、それが認められた時。
これを機に自分の学生生活は大きく変わっていきます...
次章では、校内のメインメンバーに加わってからの世界について綴りたいとおもいます!
To be continue...